未分類

バッグの金属部分の取り付け

By on 2018年2月20日

バッグの金属部分が取れ場合の修理も、数日ですぐにしてくれます。例えば、錠前、ハトメなどのカバンの金具が壊れた時には、以前と同じ形のものは難しいかもしれませんが、交換することができます。それこそその時にかっこいいものや変わった形のものを選ぶと、カバンのオリジナル感が出てきます。

修理ナスカンといって、肩掛けカバンの金具も、同じ形状の金具ではないかもしれあせんが、使えるように修理して帰ってきます。そしてボタンなど、取れてなくしてしまった場合も、自分でボタンを買ってきて、取り付けてくれます。特に革製品の場合など、マグネット式のボタンや、金属部分がしっかり縫い合わせてもらわないと、またすぐに壊れてしまいます。自分でやるよりは、修理にだして修理してもらった方が確実です

カバンの肩掛けや手持ちの部分を自分で買って取り付けてほしい場合も、修理業者に頼んで、変えてもらうことができます。金属部分はネットショップでもオークションサイトでも購入することができますし、手作り材料を売っているお店でも購入が可能です。自分の好きな金具でカバンをアレンジしてオリジナルカバンにするのも楽しみです。布をつけるだけや材料費がかからないものは安いですが、金属部分を商品から取り換えてもらうのであれば、価格は変わってきます。

*参考修理HP*バッグ修理

未分類

バッグの布補強と修理

By on 2018年2月15日

カバンは劣化するのが当たり前です。特に持ち手の部分はどうしても劣化しやすい部分です。重いものが入っていればもちろんのこと、摩擦によって持ち手の布や革の部分が切れてしまいます。そこに金具がついていれば、その金具も劣化することもあります。布や革が破れて、中のものが見えたり、ひもがほどけたり、布についている金属が落ちる、つなぎ部分の金属が壊れることもあります。

業者業者に頼むと、布や革と同じか近い色で補正してくれ、補強もしてくれ綺麗に仕上がってきます。補強の場合は、まだ安いですが、新しく作り直す場合は割高になります。驚くほど、買った時に近いので、気に入られている人も多いです。その際に取っ手についている金属をかわいくしたり、インパクトをつけてもらえるように交換してくれることも可能です。

摩擦で縫い目が切れ、また布が出てきてしまったものは縫い直してくれます。縫い目が切れて穴が開いている場合も。縫い直してもらう場合も、もちろんですが、自分で縫い直すよりきれいに上部にしてくれます。見違えるように使い込んでないカバンに変身して帰ってくることもあるので、お気に入りのカバンは、劣化して壊れてきたら、修理してもらうと心機一転です。続いては、バッグの金属部分の取り付けについて説明します。

未分類

お気に入りバッグ修理は

By on 2018年2月10日

バッグバッグはファッションでもあります。その日の服に合わせてバッグを選ぶという人も多いはずです。バッグが決まるとわくわくします。そのためにたくさんのバッグを購入をする人もいるでしょう。

ビジネスバッグは、毎日重い書類を入れるのでしっかりしたものを購入します。しかし使っているうちに、色が剥げたり、持ち手が切れたりする頻度が高いでしょう。持ち手が切れると、カバンが持ちにくく大変です。

学生カバンもたくさんの教科書や部活動の道具でいっぱいで、3年生のころには大変なことになっていることも。青春時代の証になります。今は学生カバンも、スポーツバッグも素敵なものがたくさんでています。

そんなカバンたちは、使っているうちにどうしても、底が剥げたり、取っ手が擦り切れたり、金属部分が外れたり曲がるなど、劣化してきてしまいます。お気に入りのカバンや使いやすいカバンは、次のカバンを買うよりも修理してもう一回使いたいと思います。剥げ部分は自分でもカバン専用の色塗りを使うと直ります。また、バッグ修理を業者にしてもらうと綺麗に確実に直ります

しかし金属部分は、壊れた時だけでなく買ったバッグの金属部分を自分の好きなものに変えて、オリジナルのバッグにすることもできます。業者に頼めば、別物のようにきれいにすぐに帰ってきます。おしゃれなカバンに大変身する姿をイメージして、そういったバッグの修理に必着して劣化した修理業者修理内容をお伝えします。